top of page
  • 辻 結衣

3月3日は桃の節句♡ひな祭り♡ お着物を着てお内裏様とお雛様のようにお写真お撮りされませんか?♡

♪灯かりをつけましょ ぼんぼりに~♪  お花をあげましょ桃の花~♪  

 五人囃子(ばやし)の笛太鼓~♪  今日は楽しいひなまつり~♪

この唄に聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか?

「ひな祭り」とは雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて

女の子の健やかな成長を願う日本の3月の伝統行事のことです。

本来は季節の節目に災難や厄から身を守り、より良い幕開けを願うための節句だったと言われています。

現在、夢館御池別邸にも七段飾りの雛人形を飾っております。

ここで雛飾りを詳しく見てみましょう✨

一段目:お内裏(だいり)様とお雛様

1番上の段には、お内裏様とお雛様を飾ります。

通常は向かって左にお内裏様、右にお雛様を飾りますが、

関西(京都)では向かって右にお内裏様、左にお雛様を飾ります。

これは日本では本来、左のほうが位が高いとされていることから、

昔の風習を重んじる関西ではそのように飾ります。

西洋の文化が入ってきたことにより(西洋では右の方が位が高いとされることから)、

雛人形もそのように変わっていったとされています。

現在の結婚式でも新郎様は向かって左、新婦様は右に座る光景が見られますよね。

二段目:三人官女(さんにんかんじょ)

お内裏様とお雛様のすぐ下にいる三人官女は、お雛様の生活の全てを管理する名脇役です。

「官女」と聞くと召使いのイメージがありますが、

男子禁制の”大奥”のような女の世界で活躍する、

今でいう「バリバリのキャリアウーマン👀」で、

中でも三人官女はトップ3ですから仕事が出来てしょうがないくらいのエキスパートです。

三人官女の中に1人だけ眉が無くて口が黒い女性が居るのですが、この人が年長者となります。 

眉がなくて口が黒いのは既婚者である証。既婚者は眉を剃りお歯黒を付けているのです。

昔は結婚指輪などなかったので、このようにして見分けていたそうです。

三人官女の残りの2人は眉があり、歯も白いので未婚女性ということがわかります。

年長者の女性が三人官女の真ん中に座ることになります。

三段目:五人囃子(ごにんばやし)

向かって左から、「太鼓」「大皮鼓」「小鼓」「笛」「謡(扇子を持っている)」の順に並べます。

四段目:隋臣

随臣、随身は一般的に「左大臣」「右大臣」と呼ばれるもので、

左大臣(向かって右)はおじいさん、右大臣(向かって左)は若者です。弓矢を手に持っています。

五段目:仕丁

仕丁は喜怒哀楽を表していると言われており、それぞれが泣いたり笑ったり怒ったりしているので表情も是非チェックしてみてください✨

六段目:嫁入り道具

箪笥(たんす)や鏡台、針箱、御膳、茶道具などを飾ります。

ひな祭りは当初、人形を川に流すことで厄払いをするものでしたが、

その後お雛様に厄を代わりに引き受けてもらうという意味を込めて、嫁入り道具を付けるようになったそうです。

七段目:御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)

御所車や籠(かご)、重箱を飾ります。

立派な嫁入り道具の準備も整い、お雛様の準備が整いました🌸

いざ大勢の御供を引き連れて婚礼行列のはじまりです✨

桃の花

ひな祭りになぜ桃の花を飾るかというと、

旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったこと、

そして桃の花には「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていることからこうなったと言われています。

ひな祭りを「桃の節句」と呼ぶのもこうした背景があるからです。

菱餅

菱餅は上から赤・白・緑の三色となっており、それぞれに意味があります。

赤は魔除け、白は清浄、緑は健康を表しているとされます。

ぜひ今一度雛飾りを見てみてください★ほんとだ~!!と納得されるはずです。

雛飾りの前でお着物を着て撮影されるのもよし

お雛様とお内裏様になりきって撮るのもよし💛

夢館御池別邸にはプロのカメラマンが常駐しておりますので

お庭やお座敷など京町家ならではの雰囲気のある撮影が可能です♬

ゆったりとした空間なのでリラックスして撮影して頂けるはずです🍀

普段よりもちょっぴり贅沢な時間をお過ごしくださいませ★

皆様もぜひ大切な方々といらっしゃってくださいね✿

閲覧数:204回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page