• 辻 結衣

御池別邸周辺~ぶらり探訪~♪穴場の写真スポットをご紹介♪

このお仕事をさせてもらっていると

お客様から「この辺でどこか京都らしくてイイとこないですか?」と聞かれることがよくあります。

ですが、私自身あまり京都を観光することがないので

いつも定番の所しかおすすめができていないんです…(泣)

毎日烏丸御池駅から御池別邸までの道を往復するだけの私。。

せっかく京都のど真ん中にいるのにもったいない!

ということで

御池別邸の付近をぶらり街歩きしてみました!

まずは御池別邸の最寄り駅の「烏丸御池駅」から一駅の「二条城前駅」

その名の通り「二条城」の目の前に降りられます。

今回は定番の二条城…ではなく

道挟んで目の前の「神泉苑」

ここ神泉苑は、今では小さな神社なのですが、昔はこのあたり一帯が神泉苑の敷地だったそうで、二条城もかつては神泉苑の中にすっぽり収まっていたそうで相当の広さだったようです。

そして神泉苑は花見発祥の地とも言われています。

実は神泉苑はパワースポットとして有名な寺院です。

なぜパワースポットとして有名なのかというと

神泉苑の池には古来より龍神が棲むという龍神伝説が伝わるからです。

その龍の名は「善女龍王(ぜんにょりゅうおう)」と言い、雨を降らす龍として名高い龍だそうで、神泉苑の池はどんなに日照りが続いても枯れたことが無いと言われています。

その龍神様ですが、とてもパワーがあるそうで ひとたび怒るととてつもないぐらいの大雨が降ったりするので、そのパワーを鎮めるためにお社を作ってお参りをする対象となったそうです。

~神泉苑と祇園祭の関係~

神泉苑は祇園祭とも深い関係があります。

貞観5年には疫病が流行り、神泉苑にて多くの御霊を鎮めるため御霊会が行われた。全国の国の数、66本の鉾を立てて、神泉苑の池にくりこみ、厄払いをした。後世には、これが町衆の祭典として、鉾に車を付け、飾りを施して京の都を練り歩く、祇園祭となったそうです。

夢館御池別邸の近くの大きな通りを「御池通り」というのですが

神泉苑の池から名前を取ったそうですよ。

神泉苑は縁結びの神社としてもご利益があるそうで、若い女性の参拝も多いです。

源義経が京の都で、静御前(しずかごぜん)と出会ったのも、ここ神泉苑の池のたもとだったらしく 2人を引き合わせたのが「善女龍王」だという説もあります。

絶世の美女と言われる静御前と京の町で恋に落ちた源義経。なんともロマンチックなお話ですね。

その神泉苑の池には法成橋という赤い橋が架かっていて、この橋を渡りながら心の中で願い事を1つだけ唱えると願いが成就すると言われています!

1つだけ…(^^)あれもこれも欲張ってはいけないんですね(^^)

みなさまもぜひ善女龍王様のパワーを頂きに行ってみてください☆

お着物でゆっくり写真を撮るには最適ですよ!

京都神泉苑の所在地

〒604-8306 京都府京都市中京区 門前町御池通神泉苑東入門前町166

夢館御池別邸からも歩いても行けますよ☆

神泉苑のあとは二条通の方へ歩き

歩いてる途中で

御金神社というお金関係にご利益のある神社を発見★

その名のとおりキンキラキン★☆(笑)

なんともめでたい感じがします(^^)

絵馬の数もすごかったです!!

御金神社の所在地

〒604-0042 京都府京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614

御金神社の次は御池通の南側へ

姉小路通を東に進み、烏丸通を越えた所にある

「万華鏡ミュージアム」へ♪

展示の模様は撮影禁止だったので

写真がないのが残念なのですが

レンズを除くと異空間にワープしたかのようなとてもきらびやかで華やかな模様がたくさん見られました☆

くるくる回すとまた雰囲気の違った模様になり、見てて全然飽きません。

ずっと見てられます☆

たくさんのビーズが入っているので

一度見た柄と同じものはなかなか見られません。なんとも貴重ですね☆

私たちも万華鏡キットを買って作ってみることにしました(^^)

丸い筒の中に鏡の板を三角形にしたものを入れ固定→端にのぞき穴をつけ→反対側の端にはオブジェクトケースを取り付け→中に好きなビーズを入れます☆→オイルを流し入れて完成☆

除いてみると自分で作ったとは思えないきらびやかな映像が☆☆

ガラスビーズがお気に入りです♪

みなさまもぜひ手作り体験されてみてはいかがでしょうか?♪

万華鏡ミュージアムの所在地

〒604-8184 京都府京都市中京区 姉小路通東洞院東入曇華院前町706-3

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日閉館)、年末年始

そのあとは姉小路通をさらに東に進み、

お土産屋さんがたくさんある寺町通や新京極へ

お土産を買ったあとは

京都市役所前駅から地下鉄東西線に乗り一駅で、

夢館御池別邸の最寄り駅、「烏丸御池」に到着☆

アクセスもばっちりです☆

今回普段通らない場所や裏通りを歩いて

新たな発見ができて楽しかったです!

もしよかったら参考にしてみてくださいね♪

私自身まだまだ知らない京都がたくさんあるので、少しずつ制覇していきたいと思います(^^)

紅葉は終わりに近づいていますが

京都はいつでも見所満載です☆

ぜひお着物を来て京都を散策してみてくださいね♪

いつもとは違った雰囲気で、より一層京都を満喫して頂けるはずです☆

町家でお着物レンタルなら夢館御池別邸へどうぞ♪

218回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
yumeyakata_logo_oike.png

京都着物レンタル夢館 |御池別邸

〒 604-0846  京都市中京区金吹町472-1

電話番号075-254-8920

FAX番号:075-354-8506

メールinfo@yumeyakata.com

休業日:年末年始(12/31~1/3)

​営業時間:10:00 ~ 16:30 (最終入店15:30)

★完全予約制。当日予約は電話でお問い合わせください。

_yumeyakata_logo_yoko_kanko.png
_yumeyakata_logo_yoko_beauty.png
_yumeyakata_logo_yobo_photo.png
yumeyakata_logo_information.png
  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black TripAdvisor Icon

Copyright © 2002-2021Yumeyakata. all rights reserved. 無断での写真の転載・使用は固くお断り致します。